コーヒーたいむ

ひとり暮らしの高齢者の会食会です

2011年10月13日

会食会地元で民生委員をしています。町会が始めたひとり暮らしの高齢者の会食会のお手伝いをしました。この献立の素晴らしいこと。サツマイモご飯に、春巻き、厚揚げのあんかけに、牛乳くずもち。どれもすべて手作りです。栄養のバランスも良く、私もおなかがいっぱいになりました。

今月は高齢者の方は49人。作り手の会食委員会の皆さんやてつだいの民生委員を入れると65人になりました。高齢者49人のうち男性は3人だけで、11時半開始なのに、11時には続々と集まり、おしゃべりが始まります。とても楽しそう。お茶を出して伺うと「ひとりでいるより、誰かと会いたいから早く来た」とのこと。

いっしょに食事をしました。「こんなに何種類もおかず作らないわよね」「ここに来るから食べられるのよね」と口々に、日ごろの生活を語ります。こういう機会がほんとに大事だなあ、と感じました。

しかし、65食はたいへんでした。朝9時前に集合して、一気に作り始めます。買い物や、下ごしらえは前日から始めています。玉ねぎ20個近くを刻むだけで腰が痛くなりました。私は年に1回しか順番が回ってきませんが、ほぼ毎月やっておられる委員会の方たちは、献立を考えるのも大変だとのこと。なにか、少しでもお手伝いができればと思いました。こういうボランティアに支えられて高齢者福祉ができているのですから。