はつらつレポート

地震の被害にあったミューザ川崎のホールを見学しました

2011年11月30日

IMGP0571220億円もかけて買ったミューザ川崎シンフォニーホール。7年しかたっていないのに、3月の地震で天井がすっかり落ちてしまい、再来年の4月までに20億円かけて直さなければならないということになりました。その現場を見学することができ、行ってきました。

もう8か月もたっているのに、こんな状態です。この瓦礫を運び出すのに、あと2か月もかかるんだそうです。つり天井を吊り下げていた金具がかなり弱いものだったということがわかっています。同じような重いつり天井をつけてる、もっと古いホールでもこんなことはなかったとのこと。まさに「被害」です。原因をしっかり明らかにして、二度とこういうことがないようにするべきだと、議会の役割を痛感しました。