はつらつレポート

国会に要請行動に行きました

2011年12月7日

IMG_4761全国の政令指定都市の議員が分担して、国会議員に大都市の問題を要請するということを、毎年やっています。各市の市長と議長名の連名の要望書を、自分の党の議員、私で言えば共産党の国会議員に要請するという方法で、私の横には各政令都市の共産党の議員が並び、後ろには市の職員が一緒に来てくれていて、なんだか不思議な居心地です。

だいたい、川崎の市長が国に要望することといえば、大規模開発に補助金を、などということが中心で、私が口を開けば、おそらく全く反対のことを言いたいのですから、どういう会になるのかなあと思ったのですが、まあ、保育園や特養ホームの用地を探すのが大変なので、国有地を無償で貸してほしい、ということは、川崎市の代表として発言してきました。

仙台の議員が、被災地の救済策について具体的に要求し、国会議員もそれに正面から答えていて、それがとても勉強になりました。

もともとここに8年も働いていたので、古巣なのですが、議員会館はすっかり建て替えられて、ものすごくきれい!テレビの撮影に使われているようなところでした。もっと国会と連携して市民の要望を実現するために、足しげく通うべきところだな、と思ったところです。