はつらつレポート

代々木公園に17万人!この声が聞こえないか

2012年7月16日

<303196CA2D313131362D90D48AF894B28DFC82E8814094B28DFC825096CA> しんぶん「赤旗」は、ヘリをチャーターして号外を出しました。号外を出すくらいのすごい出来事です。すごいでしょ。これは第1会場だけで、私はここに入りきれず、写真の外にいました。主催者発表は17万人。でも、主催者発表があってからも駅のほうから続々と人が来ていたのです。絶対もっと多かった!!

IMGP1308

 

全国から集まりました。地下鉄の出口からずっとのろのろと進むしかなく、道路ではバスが次々と人を吐き出しています。私たちのすぐそばには、住民すべてが避難させられた浪江町の人たちののぼりがありました。「原発をなくせ」「くらしを元に戻せ」。まさにこころからの叫びです。

 

IMGP1302 ものすごい暑さ。でもそれをものともせず、この炎天下の公園を埋め尽くす人々が、歓声を上げ、演説者に共感し、拍手を送っていました。こんなに人がいるのに、トラブルが起きている様子はありません。オープニングで歌った小室等さんが、「暑いでしょう。いらいらするでしょう。でも、怒る相手は原発を推進する人たちで、ここにいる人ではありません。みんなで集会を成功させましょう」と訴え、これまた歓声!でした。

大江健三郎さん、瀬戸内寂聴さん、坂本龍一さんなどが、次々に訴えました。大江さんの話は少し聞けましたが、他の人はまったく聞こえませんでした。明日の「赤旗」がほんとに楽しみ!他の新聞は書くでしょうか。

ここに来たのは17万人余ですが、こられない人のほうが多いのです。私も、「脱原発」という紙を貼り付けたうちわを持って行きました。そしたら地元の駅でそのうちわを見て「頑張ってきてください」と声をかけられました。この何十倍もの声が、日本中に渦巻いているのです。再稼動させている人たちをどんどん、どんどん追い詰めています。この声が聞こえないか。この声を聞け。ひたひたと、そしてずんずんと怒とうのように権力者にこの思いが届いているはずです。すごい力を感じています。本当に原発をなくすまで、たくさんの人たちと団結していきましょう。