はつらつレポート

第43回野外パーティーはおおにぎわい!

2013年11月23日

IMG_1606[1]今年は見事な秋晴れでした。43年目の野外パーティー。実行委員会と日本共産党多摩区後援会が主催する多摩区の一大イベントです。あたたかさに誘われて、4000人を超える人たちが集まりました。

IMG_1596[1]30店舗もの模擬店が集まり、おいしそうな匂いがたちこめています。焼き鳥、焼きそば、うどん、目の前でついているおもち、いか焼き、焼き立てのナン、ケバブ、トン汁などなど、書ききれません。またこれが、どんどん売り切れてしまって、食べられないものも…。食べられず、ここに書くこともできなかったおみせのみなさん。ごめんなさい。大バザールは、開店前から人が集まってきます。子ども服は、どれだけあってもいいですよね。「いまどき貴重な竹製の釣竿があった」となでるように持って行ったおじさんもいました。

IMG_1566[1]地震体験車は行列が途切れませんでした。恒例のミニ牧場とポニー乗り場も大盛況。今年は、多摩川のアユの塩焼きとおさかなタッチのプールも来ていただきました。このアユがうまかった!!

舞台前を埋め尽くしたのは、ひとみ座の人形劇です。子どもたちは食い入るようにひきこまれ、笑い、ドキドキしていました。

舞台では、生田の水を残そうという歌や、原発をすべて廃炉にしようと「ハイロ」「ハイロ」と歌い続けるバンドの皆さんの歌声が響き渡ります。今年も勇壮な和太鼓の音色がおなかに響き渡り、大きな拍手喝さいを浴びていました。

IMG_1622[1]異色だったのがベリーダンスです。女優の深月ユリアさんが見事な踊りを披露してくれました。

舞台のトリは、坂口いくみさん。もとプロ歌手にして、お隣稲城市に住む日本共産党の都議候補です。「人生いろいろ」や「一本の鉛筆」の歌声は、会場全体を魅了しました。

IMG_1627[1]深月さんも坂口さんも野外パーティー初出演。日本共産党がこんな多彩な舞台をつくることができるつながりの豊かさを実感しました。

IMG_1580[1]私たちもごあいさつしました。今年は斉藤たかし市会議員が法事で欠席でしたが、市長候補だった君嶋ちか子さんや、この後はたの君枝さんも駆けつけていただきました。

来年も11月23日は野外パーティーです。また晴れますように。