はつらつレポート

多摩区で野党4党が手をつなぎました

2016年4月28日

4・28憲法集会24月28日、川崎市多摩区ですごいことが起きました。200人の市民の皆さんの前で、川崎市の野党4党が一緒に手をつなぎ、「安保法制を廃止させよう」とアピールしたのです!

主催は多摩憲法記念日実行委員会。毎年5月3日に集会を行って10回目です。今年は5月3日に有明で大集会があるので、多摩区の憲法集会は早めに開催しました。ジャーナリストの上杉隆さんの講演(残念ながら聞けなかった)や区内にある劇団こんにゃく座や青年座の有志の皆さんの素晴らしいパフォーマンス、専修大学9条の会、平和を求める日本女子大西生田地区有志の会(のぼり旗があった!)、安全保障関連法制に反対するオール明治の会(生田)の各大学の先生方のうんちくあるお話しなど、もう次々と登壇される皆さんにわくわく。

2016-04-28 19.55.06と思ったらさらに、ママの会@神奈川、SEALDs、ミナカナ川崎、すげ9条の会、戦争法を許さない多摩区実行委員会の代表の皆さんが、これまた次々と、「今まで同じことをしていては戦争を止められない」「口先だけではだめ。行動しよう」「北海道5区に川崎から1300本電話した」などの発言が。ほんとうに圧倒されました。

いよいよ野党4党の発言の時間です。民進党の露木明美市議、共産党は私と斉藤たかし議員が参加し私が決意表明、社民党からは川崎市連合の久利さん、生活の党はひだか剛元衆院議員と、それぞれがマイクを握りました。そして連帯のアピールへ!200人の参加者が指笛や歓声を上げて、それは盛り上がりました。

4・28憲法集会1私は「こんなにたくさんの多摩区の市民の皆さんと、野党4党が同じ会場で同じ思いでいることに心から感動している。この力で必ず戦争法は廃止できる。北海道5区の結果がその希望を示している。力を合わせて自公戦争推進勢力を必ず少数に追い込もう。頑張りましょう」と訴えました。日本共産党の心からの決意です。

がんばろう!!