はつらつレポート

くらしの相談センター開設7周年のつどいを開催しました

2017年7月15日

IMG_9946[1]くらしの相談センターを立ち上げて7年になりました。相談件数は970件を超えました。それを記念して、ものすごく暑い日になりましたが、41人の方に集まっていただいて、たのしくお祝いしました。

いつもこのつどいでは、相談を受けている中で知っておいたほうがいいと思うテーマで学習をしています。今年は「いま知っておきたい相続問題」。とても関心を引いたテーマで地元にお住まいの司法書士の木村誠さんにおはなしいただきました。相続なんて自分には関係ないと思っていても、いざとなるとほとんどの人が戸惑い、だれに相談していいかわからず、ずいぶん面倒な思いをしているようです。木村さんから、自分が生きている間にしておいた方がいいこと、もし認知症などで判断能力がなくなったとき、家族ができること、など細かく教えていただきました。そして、「とにかく、相談センターに相談すれば、私たちがお手伝いするから大丈夫です」。そう、それが結論です!

IMG_9954[1]第二部は楽しく過ごす時間。出された料理はすべてわがセンターのスタッフの手作りです。この猛暑の中朝から用意しました。最近、相談センターに相談して、生活保護を受け、住居も決まって落ち着いて生活できるようになった方に、思いを語っていただきました。「センターが無かったら今の私たちの生活はなかった」と言っていただき、センターを作ってよかったと心から思いました。楽しく飲んで歌って、という趣旨にあわせ、元プロの演歌歌手も登場です。

会費は1000円ですが、相談センターに駆け込んでくる人たちにとっては1000円でも高く、なかなか来られないというのが実態です。そのなかで、「この会は楽しいから、お金をためてきている」という方も。そうです。そういう人たちに来てもらって日頃の憂さを忘れてもらいたいと思っているのです。社会をよくして、社会保障をよくして、1000円位払って集まれるようにしていきたいと思います。

それにしても暑かった!今度はもっといい季節にやりたいと思います。