はつらつレポート

稲田堤、中野島、久地駅が橋上駅舎になります!

2010年2月15日

今日、市議会まちづくり委員会に、とてもうれしい報告がありました。ついに、稲田堤、中野島駅などを橋上化する方針があきらかになったのです。中野島駅は20年近い運動がようやく実ります。

川崎市まちづくり局の報告によれば、稲田堤駅を最優先にJRとの協議を行い、22年度に基礎的な調査、基本設計に入りたいとのことです。本当に具体化するんだ!わくわくしながら報告を聞きました。

中野島駅も稲田堤駅も地元では市民が「早く橋上化してほしい」と求め、中野島駅は5年前には7000もの署名が集まって請願も趣旨採択されてきました。川崎市はここ1年、溝の口以北の片側改札駅、津田山、久地、宿河原、中野島、稲田堤の各駅の利便性向上のための調査をおこなっていると言ってきました。その検討の内容がようやく明らかになり、さまざまな角度からの検討で、「稲田堤、中野島、久地駅は、橋上化することが望ましい」「宿河原駅は、跨線橋があるので優先度が低いが、3駅の橋上化のあと検討する」「津田山駅は、橋上化の効果は薄いと判断されるので、エレベーター付の跨線橋を設置する」と決めました。そのうえで、「稲田堤駅を最優先で整備するよう、JRと協議に入る」そうです。

委員会では、「『稲田堤が終わってから中野島』と順番にやっていては、3つ出来上がるのはずっと先になってしまう。同時にできる作業はどんどんやって、一日も早く3つとも実現を」と要望が出されました。ほんとにそのとおり!!

この問題は、市長が市長選挙で突然「実現する」と言い出して、みんな驚いたのです。あれほどむずかしいといっていたのに。私たちの声が市長を変えたのです!つくづく思いました。実現がむずかしいと思っても、市民の声を求め続けることがどんなに大事か。求め続けていくうちに、いろんな条件ができて、ほんとに突然、実現することもあるんだと。多摩スポーツセンターが17年、中野島駅は20年になるでしょうか。でも、あきらめずにみんなで声を上げ続けよう。それが実現の道なのです。