はつらつレポート

8月第1日曜日は、多摩消防団の操法大会です

2010年8月2日

セミの声が一段とにぎやかな8月の第1日曜日、毎年午前中は暑さを覚悟して外にいます。多摩消防団の操法大会が開かれるのです。

untitled 操法大会とは、消防の日ごろの訓練の成果を出し合うため、一定のルールを決めて、模擬消火活動を行い、点数で競うものです。多摩区内にある9つの班が、4人の選手を出して、3本のホースをつなぎ、標的に水をかけます。その速さ、正確さ、決められた動作をきちんとおこなっているかどうか、が点数化されるのです。これは市、県まで大会があるのだそうです。

実際の現場では、指揮命令系統がはっきりし、一つ一つの指示が正確に伝わらなければ、消火活動になりません。ただどなりあっているのでは、かえって現場は混乱し危険が増します。だから、訓練のときから、命令をきちんと伝え、それを正確に実行するというくせをつけなければならないのだそうです。だから、それはそれはきびきびとして、素人から見れば、かっこいい。9班ともとても優劣がつかないだろうと思うのですが、ちゃんと優勝、準優勝など、順位がつきました。

こうなるまでに、ほとんど毎晩のように、みんな仕事が終わってから集まり、練習してきたのです。こうした人たちがいて、まちは守られているのだとおもうと、最後までいっしょに参加して、拍手を送りたいと、毎年炎天下の中、カメラを持って走り回っているのです。

それにしても、何も8月にやらなくても。それが多摩消防団の心意気!ですね。

untitled

夜は、私の住んでいる団地の納涼祭。こちらも盛り上がりました。地域の皆さんといっしょにすごす時間は、やっぱり楽しいです。